ドゥカティ Xディアベル、始動できなくなるおそれ リコール

モーターサイクル テクノロジー

XディアベルS(写真は2017年型)
  • XディアベルS(写真は2017年型)
  • 改善箇所
ドゥカティジャパンは、『Xディアベル』および『XディアベルS』のスタータクラッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2016年3月23日~11月21日に輸入された352台。

エンジン始動装置のフライホイールに装着されたスタータクラッチケージの強度が不足しているため、始動を繰り返し行うとケージが破損。最悪の場合、エンジンが始動しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、スタータクラッチを対策品に交換する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。イタリア本社からの報告により届け出た。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集