【F1 アゼルバイジャンGP】ルイス・ハミルトンが今季初優勝でランキングトップに浮上

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
  • F1アゼルバイジャンGP
F1第4戦アゼルバイジャンGPの決勝レースが29日、アゼルバイジャンの首都バクーの市街地コースで開催され、ラスト3周でトップに立ったルイス・ハミルトン(メルセデス)が今季初優勝を飾った。

ポールポジションスタートのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)はスタートを決め、序盤の混乱から導入されたセフティーカーラン後も2位のルイス・ハミルトン(メルセデス)を引き離しながら独走体制を築いた。

レース終盤、ピットストップを遅らせていたバルテリ・ボッタス(メルセデス)がトップを走行しているタイミングで2度目のセフティーカーランとなり、ここでボッタスはタイヤ交換のためにピットイン。労せずトップに返り咲くはずのベッテルだったが、終盤の戦いのためにタイヤ交換を行い、ハミルトンもこれに続き、ボッタス、ベッテル、ハミルトンの順でレースが再開された。

残り周回数は4周。超スプリントレースとなり、ベッテルは再開直後にボッタスをオーバーテイク。しかしオーバーランを喫し4位に後退してしまった。翌周にはボッタスがパンクでマシンを止め、これでトップに立ったハミルトンが今季初、昨年の第17戦アメリカGP以来の優勝を飾り、ドライバーズランキングもベッテルを抜いてトップに浮上した。

2位は1周目の接触で12位まで落ちながらも着実に挽回してきたキミ・ライコネン(フェラーリ)。3位はベッテルとのバトルを制したセルジオ・ペレス(フォース・インディア)。ベッテルは4位でフィニッシュした。トロロッソ・ホンダはブレンドン・ハートレーが10位入賞。ピエール・ガスリーは12位だった。

F1アゼルバイジャンGP 決勝結果
1. ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2. キミ・ライコネン(フェラーリ)
3. セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
4. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
5. カルロス・サインツ(ルノー)
6. シャルル・ルクレール(ザウバー)
7. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
8. ランス・ストロール(ウィリアムズ)
9. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)
10. ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)
11. マーカス・エリクソン(ザウバー)
12. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)
13. ケビン・マグヌッセン(ハース)
14. バルテリ・ボッタス(メルセデス)
以上規定周回数完走
《藤木充啓》

編集部おすすめのニュース

特集