日野自動車、ICTを活用した顧客向けサービス「HINO CONNECT」をスタート

自動車 テクノロジー ITS
HINO CONNECTのイメージ図
  • HINO CONNECTのイメージ図
日野自動車は、新型『プロフィア』『レンジャー』および、大型観光バス『セレガ』に搭載された通信端末を通じて、ICTを活用した顧客サービス「HINO CONNECT」の提供を4月20日より開始した。

日野は、2017年度にモデルチェンジした新型プロフィア・レンジャー、改良を加えたセレガに、ICTサービス用の通信端末を搭載。以降、緊急時の車両位置特定・車両状況把握や予防整備ご提案のための販売会社向け情報提供から運用を始めるとともに、顧客向けサービスの運用開始に向けたシステム開発を進めてきた。

新サービス HINO CONNECTは、顧客と日野をつなぐ新たなコミュニケーションツールとして、各種顧客向け通知機能やウェブ閲覧機能を装備する。車両に発生した異常情報や、プリクラッシュセーフティシステム(PCS)、ドライバーモニターの作動状況などを運行管理者へ通知。保有車両の現在地をウェブ上で確認できるようになり、万一のトラブル発生時の迅速な対応で、顧客車両のアップタイム最大化を支援する。また省燃費運転サポート機能も強化。今後、さらに顧客ニーズを捉えながら、順次機能の拡充を進めていく計画だ。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集