シボレー コルベット 新型に755hpの ZR1…インディ500史上最強のペースカーに

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

新型シボレー・コルベット ZR1 のインディ500ペースカー
  • 新型シボレー・コルベット ZR1 のインディ500ペースカー
  • 新型シボレー・コルベット ZR1 のインディ500ペースカー
  • 新型シボレー・コルベット ZR1 のインディ500ペースカー
GMのシボレーブランドは4月19日、米国で5月下旬に開催される「インディ500」の公式ペースカーに、新型シボレー『コルベットZR1』が指名された、と発表した。

ZR1はコルベットの頂点に立つ高性能グレード。現行コルベットには「Z06」と呼ばれる高性能モデルがあるが、ZR1はZ06を上回るパフォーマンスが追求された。

「LT5」型6.2リットルV型8気筒ガソリンスーパーチャージャーエンジンは、Z06の「LT4」スーパーチャージャーに対して、52%大容量化。これにより、最大出力755hp、最大トルク98.8kgmを引き出す。このパワーは歴代コルベットで最強であり、シボレー車としても最強。

トランスミッションは7速MTと、ZR1としては初のATとして、パドルシフト付き8速ATを設定。新型コルベットZR1は0~100km/hを2.85秒で駆け抜け、最高速341km/hという歴代コルベット最速のパフォーマンスを備える。

この新型ZR1が、米国を象徴する有名レース、第102回インディ500の公式ペースカーに決定。決勝レースは、5月27日に行われる。シボレーは、インディ500史上、最強のペースカー、としている。

ホンダは4月20日、今夏発表を予定している新型軽キャブバン『N-VAN(エヌ バン)』に関する情報をホームページで先行公開した。…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集