初代VW ビートル をミッドシップスポーツ化…独メミンガーが発表

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
メミンガー・ロードスター2.7
  • メミンガー・ロードスター2.7
  • メミンガー・ロードスター2.7
  • メミンガー・ロードスター2.7
  • メミンガー・ロードスター2.7
  • メミンガー・ロードスター2.7
ドイツに本拠を置くメミンガーは、メミンガー『ロードスター2.7』を発表した。

メミンガーは、ドイツの国民車として知られる初代フォルクスワーゲン『ビートル』のレストアを得意とする会社。今回メミンガーが発表したロードスター2.7は、初代ビートルのオープン版をフルレストアしたモデル。レストアの域を超えて、カスタマイズによる性能アップを果たしている。

オリジナルの初代ビートルは、リアエンジン車。しかし、このロードスター2.7では、ホイールベースを延長して、ミッドシップレイアウトに変更した。これに合わせて、前後フェンダーを大きくワイド化し、迫力のスタイリングを追求する。

ボディサイズは、全長4037mm、全幅1725mm、全高1245mm、ホイールベース2444mm。タイヤは、フロント225/45R18、リア255/40R18サイズを装着した。

ミッドシップに搭載されるのは、排気量2717ccの空冷水平対向4気筒ガソリンエンジン。最大出力210ps、最大トルク25.2kgmを発生する。1トンを切る軽量ボディとの組み合わせにより、スポーティな走行性能を発揮する、としている。

ポルシェ『911』現行モデル(991型)に、ついに「スピードスター」が設定され…
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集