トミカワールドが45年ぶり世界観を刷新 トミカ博 in OSAKA、4月26日-5月6日

タカラトミーは、「トミカ博」を4月26日から5月6日の11日間、大阪南港ATCホールにて開催。45年ぶりに刷新した新しい「トミカワールド」を体感できる展示やアトラクションを展開する。

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
新しくなった「トミカワールド」のマップ
  • 新しくなった「トミカワールド」のマップ
  • 入場記念トミカ「TDM ウォータードライブ」
  • 仕掛けが満載の「トミカ からくりスライダー」
  • イベントモデル「No.19 ホンダ NSX-R」
  • イベントモデル「2台セットどうぶつバスセット(パンダバス・トラバス)」
  • トミカ博 in OSAKA
タカラトミーは、「トミカ博」を4月26日から5月6日の11日間、大阪南港ATCホールにて開催。45年ぶりに刷新した新しい「トミカワールド」を体感できる展示やアトラクションを展開する。

トミカワールドは1973年に初めて作られたトミカ架空の世界観。今回、それを「創造力で無限に広がるトミカの世界」というコンセプトのもと、45年ぶりに刷新する。新しいトミカワールドは、街遊びの「トミカタウン」、ストーリー遊びの「トミカアドベンチャー」、競争・コース遊びの「トミカスピードウェイ」、新しい技術を楽しむ「トミカフューチャーシティ」、現実の世界ではできない楽しい遊びの「トミカリゾートランド」、5エリアで構成。今年のトミカ博は、5エリアの中からトミカタウンをピックアップ、「さあ、はじまる!ゆめのトミカワールド」をテーマに、その世界観を演出する。

見所は、様々な仕掛けが満載の「トミカ からくりスライダー」や、トミカ700台以上を展示する「巨大パーキングタワー」。また、8月24日公開予定のタカラトミー原作アニメ映画「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド-機動救急警察-」のブースを展開するほか、ハイディテールコレクションモデルの「トミカプレミアム」ブースでは、「トミカプレミアム 日産 スカイラインGT-R(BNR32)」の4月発売に合わせ、実車も展示する予定だ。

体験コーナーでは「無線でピピッと出動指令!変形ファイヤーステーション」など、トミカタウンの新商品で遊ぶことができ、子どもから大人まで楽しめる内容となっている。また、ショッピングゾーンではトミカイベントモデルの新製品「No.19 ホンダ NSX-R」(600円/税抜)、「2台セットどうぶつバスセット(1200円/税抜)」など、計7商品が登場。恒例アトラクション「トミカ組立工場」では「日産 シルビア」「ランボルギーニ レヴェントン」「マツダCX-5」の3種を自分で選んだパーツでスタッフが目の前で組み立ててくれる。

入場料(入場記念トミカ TDMウォータードライブを含む)は、大人(中学生以上)900円、子ども(3歳~小学生)700円。前売り入場券は各100円引きで発売中。

このほかにも、ゴールデンウイーク期間中は、全国でトミカ関連イベントが数多く予定されている。新潟では「トミカ博 in NIIGATA」を5月2日から6日まで開催するほか、4月28日から5月6日には、東京ドームシティで「トミカスタンプラリー in 東京ドームシティ 2018」を、ららぽーと(全国10か所)で「ドリーム&イマジネーション トミカワールド in ららぽーと」をそれぞれ開催する。

市販モデルの発表が待たれるトヨタ『スープラ』が、ドイツ・ニュルブルクリンクに出現した。今回はついにレ…
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集