寺田陽次郎率いるTEAM TERRAMOS、今季はグローバルMX-5カップに挑戦

レーシングドライバーの寺田陽次郎が率いる「TEAM TERRAMOS(チーム・テラモス)」が2018シーズンの体制を発表。グローバルMX-5カップ・ジャパンに初挑戦する。

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
チーム・テラモス2018体制発表
  • チーム・テラモス2018体制発表
  • チーム・テラモス2018体制発表
  • チーム・テラモス2018体制発表
  • チーム・テラモス2018体制発表
レーシングドライバーの寺田陽次郎が率いる「TEAM TERRAMOS(チーム・テラモス)」が2018シーズンの体制を発表。グローバルMX-5カップ・ジャパンに初挑戦する。

“ミスター・ルマン”で知られるレーシングドライバーの寺田陽次郎氏が4月12日、都内で自身が指揮をとる「チーム・テラモス」の2018シーズン体制発表会を開催した。これまではロードスター・パーティレースをメインに参戦していたが、今年から新たにグローバルMX-5カップ ジャパンにも挑戦。昨年、一昨年とロードスター・パーティレースで大活躍した梅田剛を起用する。

さらにロードスター・パーティレースには3台体制で参戦。スポーツランドSUGOを舞台にして開催される北日本シリーズには、都内の人気イタリア料理店「カルミネ」のオーナーシェフであるカルミネ・コッツォリーノが参戦。息子は現役のレーシングドライバーであるケイ・コッツォリーノ。自身も長年、レースに出てみたいという夢が叶い、古くからの友人である寺田が率いるチームで、念願のシリーズ参戦を果たす。

筑波サーキットを舞台にして行われる東日本シリーズでは、チーム・テラモスの主力メンバーの1人である鎌倉裕貴がエントリー。加えて、世界的に有名なバイオリニストである古澤巌も参戦。この日は演奏ツアーのリハーサルのため発表会は欠席となったが、その多忙なスケジュールの合間を縫って参戦することが決まった。

「モータースポーツを通して人を育てていく」ということを最大のテーマとして活動してきたチーム・テラモス。そこに今年は、“料理”と“バイオリン”という別の分野で活躍するカルミネと古澤が加入することで、「大人の趣味のひとつとしてモータースポーツを楽しむ」という部分にも注目が集まっていきそうだ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集