京急3駅に木目調の駅名標…湘南電気鉄道時代の雰囲気をイメージ 4月1日から

鉄道 エンタメ・イベント
木目調となるのは各駅のホーム駅名標の一部で、左上には、湘南電気鉄道開業88周年を記念したロゴマークが入る。
  • 木目調となるのは各駅のホーム駅名標の一部で、左上には、湘南電気鉄道開業88周年を記念したロゴマークが入る。
京浜急行電鉄(京急)は、4月1日から本線黄金町~浦賀間、逗子線金沢八景~新逗子間の開業88周年を記念して、黄金町・浦賀・新逗子各駅の駅名標に特別装飾を施す。

これらの区間は、三浦半島の一周路線を計画した前身の湘南電気鉄道が1930年4月1日に開業させたもので、特別装飾の駅名標は、その当時の雰囲気をイメージした木目調のデザインとなる。

2019年3月31日まで実施され、京急では「昔ながらの雰囲気を演出し,歴史ある駅の盛り上げを図ってまいります」としている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集