レクサス UX、アマゾンのAI音声アシストと連携…ニューヨークモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
レクサス UX(ニューヨークモーターショー2018)
  • レクサス UX(ニューヨークモーターショー2018)
  • レクサス UX(ニューヨークモーターショー2018)
  • レクサス UX(ニューヨークモーターショー2018)
  • レクサス UX
  • レクサス UX
  • レクサス UX
  • レクサス UX
  • レクサス UX
レクサスは3月28日、米国で開幕したニューヨークモーターショー2018で初公開した『UX』の北米仕様車に、最新のコネクティビティを採用すると発表した。

レクサスUXは、レクサスのエントリーSUV。競争が激化しているコンパクトクロスオーバー車の市場に、レクサスはUXで参入する。

このレクサスUXの北米仕様車に採用されるのが、最新のコネクティビティ。アマゾン(Amazon)のAI(人工知能)音声アシスタントサービス、「アレクサ」(Alexa)と連携。UXのオーナーは、アレクサに話しかけることにより、音楽や各種メディアの再生、スマートホームデバイスの操作などが行える。

また、UXの全モデルが、アップル社の「CarPlay」を標準装備。USBケーブルとiPhoneを接続すれば、アップルミュージック/マップにアクセス可能。マルチメディアディスプレイやSiriの音声認識によって、メッセージの送受信も行える。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集