東武もスマホアプリを配信…駅トイレ個室の空き状況も表示 3月29日から

鉄道 企業動向
左から運行情報マップ、発車時刻表示、列車走行位置表示、駅トイレ個室空き情報の各画面。経路・運賃検索や時刻表検索もできる。
  • 左から運行情報マップ、発車時刻表示、列車走行位置表示、駅トイレ個室空き情報の各画面。経路・運賃検索や時刻表検索もできる。
  • 「東武線アプリ」のアイコン。
東武鉄道(東武)は、3月29日10時から「東武線アプリ」の提供を開始する。iOSはApp Store、Android OSはGoogle Playからダウンロードできる。

スマートフォンなどで、列車運行情報や列車走行位置などを表示するもので、列車運行情報では、運転見合せなどをプッシュ通知するほか、運転見合せ区間や遅延発生区間などをマップで表示。振替輸送や運転再開見込み時間などの詳細も確認できる。

列車走行位置については、東上線と越生線の列車を表示することが可能。

このほか、よく使う駅の発車時刻(10駅まで)の表示や、経路・運賃検索、時刻表検索、列車ごとの停車駅・到着時刻の表示、路線図の表示、東上線池袋駅のトイレ個室空き情報の表示、遅延証明書の表示もできる。

iOSは8.0以上、Android OSは4.4以上に対応する。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集