EV、PHV、ガソリンが選べる新型スポーツカー SIN『S1』…ジュネーブモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
SIN CARSのSIN・S1(ジュネーブモーターショー2018)
  • SIN CARSのSIN・S1(ジュネーブモーターショー2018)
  • SIN CARSのSIN・S1(ジュネーブモーターショー2018)
  • SIN CARSのSIN・S1(ジュネーブモーターショー2018)
  • SIN CARSのSIN・S1(ジュネーブモーターショー2018)
  • SIN CARSのSIN・S1(ジュネーブモーターショー2018)
  • SIN CARSのSIN・S1(ジュネーブモーターショー2018)
ブルガリアに本拠を置くSIN CARSは、ジュネーブモーターショー2018において、新型スポーツカーのSIN『S1』を発表した。

SIN S1は、ガソリンエンジン、プラグインハイブリッド(PHV)、EVの3種類のパワートレーンが選択できるのが特徴。ガソリンエンジンは、フォードモーター製の2.3リットル直列4気筒ターボ「エコブースト」で、最大出力310hpを発生。ガソリンは3.5リットルの自然吸気エンジンも選べ、最大出力365hpを引き出す。

PHVはガソリンエンジンに、最大出力120hpのモーターを組み合わせる。EVは最大出力120hpのモーターを搭載。バッテリーは蓄電容量24kWh。1回の充電での航続は、最大で200kmの性能を備える。

またSIN S1は、1種類のシャシーを基本に、モジュラーデザインにより、異なるボディデザインや異なるインテリアを自由に組み合わせることが可能。基本ボディとして、カブリオレとクーペが設定されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集