【IAAE 2018】自動車アフターマーケットの祭典、明日開幕

自動車アフターマーケットの専門展「第16回国際オートアフターマーケットEXPO 2018(IAAE 2018)」が3月14日から16日まで、東京ビッグサイトで開催される。

自動車 ビジネス 国内マーケット
2017年の会場
  • 2017年の会場
  • 2018年も盛りだくさんの内容のセミナーが予定されている
  • 東京ビッグサイト
自動車アフターマーケットの専門展「第16回国際オートアフターマーケットEXPO 2018(IAAE 2018)」が3月14日から16日まで、東京ビッグサイトで開催される。

IAAEは、自動車の売買、整備、メンテナンスをはじめ、自動車を取り巻く環境・インフラなど、自動車アフターマーケットに関する最新情報・業界動向を紹介する商談型展示会。今回は前回より43社多い、276社が参加。展示規模を大幅に拡大しての開催となる。

期間中は、参加企業・団体による製品・サービスの展示に加え、オートアフターマーケットに関するセミナーを実施。自動運転、次世代自動車整備、自動車行政、補修部品、女性集客など、さまざまなテーマで40以上のセミナーが行われる予定だ。

また3月14日に開催する「店舗イベントGP」では、整備工場、板金工場、ガソリンスタンド、中古車販売店、カー用品店などで行われている店舗イベントの実際に実施した事例を発表。発表事例から開催効果、独自性、実績などの観点で優れた店舗イベントを選出し表彰する。そのほか、展示会場内「塗装実演コーナー」では出展者による塗装実演も行われる。

入場料は1000円。事前登録者は無料。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集