ホンダコレクションホールで新展示「Honda 夢と挑戦の軌跡」スタート 3月17日から

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

ホンダコレクションホールにマン島TTレース参戦の「RC142」が展示
  • ホンダコレクションホールにマン島TTレース参戦の「RC142」が展示
  • ホンダコレクションホール
  • ホンダコレクションホールに本田宗一郎が製作に携わった「カーチス号」が展示
  • ホンダコレクションホール
  • ホンダコレクションホール
  • ホンダコレクションホール
  • ホンダコレクションホール
栃木県茂木町のツインリンクもてぎ内にあるホンダコレクションホールが3月で開館20周年を迎える。それにともない同17日から開館20周年記念として新展示「Honda 夢と挑戦の軌跡」を行い、ホンダ創業時からの歩みを振り返る。

モータースポーツシーンをにぎわせた往年の名車から市販車まで、約300台の車両を展示するホンダコレクションホール。50年以上前のクルマやバイクであってもエンジンをかけて走れる状態を保つ「動態保存」を基本とし、イベント時には活躍当時のエンジン音を響かせることもあり駆けつけるファンも多い。

1階の展示エリアをリニューアルしての実施となる「Honda 夢と挑戦の軌跡」には、ホンダ創業者・本田宗一郎の歴史がつまっている。1924年、東京の自動車修理工場アート商会で働いていた18歳の時に助手として製作したレーシングカー「カーチス号」をはじめ、日本初となったマン島TTレース参戦(1959年)を実現したGPマシン「RC142」など本田宗一郎の情熱が注ぎ込まれた実車が並ぶ。

ホンダコレクションホール
ホンダコレクションホールスタッフは新展示について、「ホンダのものづくりへの変わらぬ思いを広く伝えることが目的」と説明。2018年は例年開催の「レースマシン公開走行確認テスト」「中庭ミニコース・ウイークエンドラン」に加え、市販車の走行イベントも実施するという。
《五味渕 秀行》

編集部おすすめのニュース

特集