VW ポロ 新型、先行受注を開始 販売開始は3月中旬

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、コンパクトカー『ポロ』を約8年ぶりに刷新し、3月2日より先行受注を開始した。販売開始は3月中旬の予定。

自動車 ニューモデル 新型車
VWポロ新型
  • VWポロ新型
  • VWポロ新型
  • VWポロ新型
  • VWポロ新型
  • VWポロ新型
  • VWポロ新型
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、コンパクトカー『ポロ』を約8年ぶりに刷新し、3月2日より先行受注を開始した。販売開始は3月中旬の予定。

6代目となる新型ポロは、フォルクスワーゲン(VW)の次世代プラットフォーム「MQB」をコンパクトクラスで初採用。エッジの効いたシャープなサイドシルエットと安定感のあるワイド&ローのプロポーションを意図し、スポーティで洗練された最新VWデザインをめざしている。また現行モデルと比べて、ホイールベースを80mm、全幅を65mm拡大したことで、より広い室内空間を実現。特に後席の快適性を向上させるとともに、ラゲージスペースも71リットル拡大した。

新設計の1.0リットルのガソリン直噴エンジンは前モデルよりもパワーアップ。市街地では十分な動力性能を発揮するとともに、高い静粛性を実現する。また上級モデルに使われている先進安全技術・快適装備を採用し、ユーロNCAPで最高評価となる5つ星を獲得した。

インテリアは操作系を一列に配置した水平基調とし、使い易さの向上をねらった。VWコンパクトカーの最新コックピットレイアウトをいち早く採用している。さらに、VW純正インフォテイメントシステム「ディスカバリー プロ」をポロシリーズで初採用。モバイルオンラインサービス「VWカーネット」のテレマティックス機能を利用することで、リアルタイムな交通情報などをドライバーに提供する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集