フェラーリ 488ピスタ、レース直系のエアロダイナミクス導入…ジュネーブモーターショー2018で発表へ

自動車 ニューモデル 新型車
フェラーリ488ピスタ
  • フェラーリ488ピスタ
  • フェラーリ488ピスタ
  • フェラーリ488ピスタ
  • フェラーリ488ピスタ
  • フェラーリ488ピスタ
  • フェラーリ488ピスタ
フェラーリは2月21日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018で初公開する『488ピスタ』に、モータースポーツ直系のエアロダイナミクスを導入すると発表した。

フェラーリ488 ピスタの開発には、F1やFIA世界耐久選手権(WEC)への参戦と、ワンメイクシリーズの「フェラーリ・チャレンジ」の25年の経験から得られたノウハウを投入。その最大の成果が、エアロダイナミクス性能の向上にある。

488 ピスタには、F1由来のフロントSダクトとフロントディフューザーを装備。このディフューザーは、強い吸引力を生み出してダウンフォースを高めるために最適化されたレーシングカーの『488GTE』と同じランプアングルを持つ。

さらに、リアブロウンスポイラーは、より高く長い形状によって最適化。こうした全ての変更によって、ダウンフォースはベース車両の『488GTB』に対して、20%増加した。

また、バンパーとサイドパネルのエアロダイナミクスエレメント上には、コントラストエッジを採用。リアには、ドルフィンテールリアスポイラーが装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集