タタの新ブランド「TAMO」がEVスポーツコンセプト発表…デリーモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

TAMO(タモ)のRACEMO+-(デリーモーターショー2018)
  • TAMO(タモ)のRACEMO+-(デリーモーターショー2018)
  • TAMO(タモ)のRACEMO+-(デリーモーターショー2018)
  • TAMO(タモ)のRACEMO+-(デリーモーターショー2018)
  • TAMO(タモ)のRACEMO+-(デリーモーターショー2018)
  • TAMO(タモ)のRACEMO+-(デリーモーターショー2018)
タタモーターズは、インドで開催中のデリーモーターショー2018(オートエクスポ2018)において、新ブランド「TAMO」(タモ)のEVスポーツカーコンセプト、『RACEMO+-』(プラス・マイナス)を初公開した。

TAMOは2017年春、ジュネーブモーターショー2017で新ブランドとして発表。同時に、同ブランドの第一号車のコンセプトカー、『RACEMO』が初公開された。

TAMOは、タタモーターズの新たな乗用車戦略の一環として、立ち上げられたブランド。同社の従来の自動車作りとは異なり、世界のIT企業やベンチャー企業と連携し、新技術を搭載した新型車の開発に取り組む。また、TAMOは、未来のモビリティソリューションを提示するブランド。コネクティビティなど、「つながる車」としての性能が重視される。

今回、デリーモーターショー2018では、TAMOブランドの第一号車、RACEMOのEV版として、RACEMO+-(プラス・マイナス)が初公開。2シーターのスポーツカーコンセプトで、スーパーカーのようなバタフライドアを採用する。

EVパワートレインは、モーターが最大出力204hpを引き出し、最高速200km/hの性能を持つ。1回の充電での航続は、最大350kmの実用性も備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集