ジャガー Fタイプ に400psの限定グレード[詳細画像]

自動車 ニューモデル 新型車

ジャガーFタイプ400スポーツ
  • ジャガーFタイプ400スポーツ
  • ジャガーFタイプ400スポーツ
  • ジャガーFタイプ400スポーツ
  • ジャガーFタイプ400スポーツ
  • ジャガーFタイプ400スポーツ
  • ジャガーFタイプ400スポーツ
  • ジャガーFタイプ400スポーツ
  • ジャガーFタイプ400スポーツ
ジャガー・ランドローバー・ジャパンが2017年9月30日より受注を開始している『Fタイプ』の2018年モデルは、LEDヘッドランプや新デザインのフロントバンパーを採用したほか、コネクティビティ機能を強化し、最新インフォテインメントシステムである「インコントロール・タッチ・プロ」を全グレードに標準装備している。このモデルの中で、2018年モデル限定で販売されている特別グレードが「400スポーツ」だ。

このモデルは、他グレードに採用されている3リットルV型6気筒スーパーチャージドエンジンの最高出力を400psまで向上させたものを搭載し、最大トルクは460Nm、0-100km/hの加速は4.9秒、最高速度は275km/hを発揮する。なお、駆動方式はFRとAWDが選択可能で、AWDの場合、0-100km/hの加速は5.1秒となる。

専用の装備としてホイールには20インチのダークサテングレイアロイホイールが設定され、ダークサテングレイのスポーツデザインパックが採用されているほか、プレミアムレザーインテリアにイエローツインニードルステッチが施され、座席には400スポーツ専用のパフォーマンスシートを装着。ブラックブラッシュドアルミニウムセンターコンソールには400スポーツのロゴが入っている。また、ステアリングには400スポーツロゴ入りのアルミニウムパドルシフト付きレザーステアリングが採用されている。

この400スポーツも含めたFタイプ2018年モデルでは、GoPro社と共同開発したアプリケーション「ReRun」に対応しており、GoProで撮影した走行映像と車両の速度、スロットルポジション、ギア選択、制動力、加速度といった走行データを世界で初めてリアルタイムで記録することが可能。記録した映像をスマートフォンを介して、SNS等で簡単に共有できる。

さらに、標準装備となったインフォテインメントシステム「インコントロール・タッチ・プロ」は、オプションで通信機能を追加することが可能で、ロードサイドアシスタンスが必要となった場合や乗員の急病時に、オペーレーターと会話することが出来るほか、アプリケーションを介して車両の位置情報やトリップデータの確認、また遠隔で施錠やエアコンの操作が可能となっている。

タイプF 400スポーツの価格は、FRモデルで1291万円。AWDモデルで1362万円。
《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

特集