SUVとハイトワゴンの“イイトコドリ”…スズキ クロスビー 詳細画像

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ・クロスビー
  • スズキ・クロスビー
  • スズキ・クロスビー
  • スズキ・クロスビー
  • スズキ・クロスビー
  • スズキ・クロスビー
  • スズキ・クロスビー
  • スズキ・クロスビー
  • スズキ・クロスビー
スズキは、小型クロスオーバーワゴン 『クロスビー』を2017年12月25日より全国で販売している。

新型クロスビーは、ワゴンに求められる広い室内空間と日常の使いやすさに加えて、個性的で愛着が湧くデザインに力強い走破性を持つSUVの実用性を兼ね備えた新ジャンルの小型クロスオーバーワゴンとなっている。

コンパクトでたくましいSUVスタイルを採用しながらも、大人5人がしっかり乗れる居住性と積載性を実現。特に後部座席はゆとりある足元空間を確保している。また、前部座席のヒップポイントを高めに設定し、見晴らしの良いアイポイントを実現。運転のしやすさと乗降のしやすさに配慮している。

さらに、本格的なオフロードキャラクターをもつクロスビーは大径タイヤの採用と最低地上高180mmに及ぶ余裕のロードクリアランスで雪道やラフロードに対する高い走破性を実現しており、4WD車には、エンジン特性の変更でパワフルでスポーティな走りを実現する「スポーツモード」と雪道やアイスバーンにてエンジントルクの制御とスリップ輪のブレーキ制御によってスムーズな発進をサポートする「スノーモード」を新たに採用している。

また、ぬかるみや滑りやすい路面で発進をサポートする「グリップコントロール」、エンジンブレーキでの減速やブレーキペダルでの車両コントロールが難しい急な下り坂で自動的に車速を約7km/hで維持する「ヒルディセントコントロール」をあわせて標準装備とした。

デザインは、「一緒に毎日の楽しさを広げていきたくなる“愛すべき相棒”」をコンセプトに、力強さと愛着のわくデザインを両立。独自の存在感を持ったシルエットに、SUVらしいワイドで力強いボディと、細部まで丁寧に作り込んだこだわりの造型で強いキャラクター性をアピールしている。また、インテリアには冒険心を刺激するデザインを採用。たくましいスタイルと広い室内空間を表現しながら、上質さの中に遊び心をプラスした。

また、車体色には9色のカラーリングとブラックルーフまたホワイトルーフとの2トーンを中心に設定しており、インテリアのシートのパイピングも多彩にコーディネートできる。さらには、ドアスプラッシュガードとで3トーンコーディネートも可能だ。

パワートレインはダウンサイジング1.0リットル3気筒直噴ターボエンジンを搭載し、自然吸気1.5リットルエンジン並みの最高出力99psを発生する。また、搭載される6ATはギヤスプレッド(変速比幅)を大きくとっており、発進加速性能や登坂性能と高速巡航時の燃費性能を両立させている。

さらに、高剛性と軽量化を両立する新プラットフォーム「ハーテクト」に搭載し、1.0リットルターボ初採用となるマイルドハイブリッドにより、余裕のある走りと2WD車で22.0km/リットル、4WD車で20.6km/リットルの優れた燃費性能を実現している。

安全面では、「スズキ セーフティ サポート」を採用し、衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシストを搭載。さらには、スズキ小型車初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」、リヤパーキングセンサー、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を採用するなど、安全運転を支援する機能を充実させている。

価格は176万5800円から214万5960円。
《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

特集