トヨタと中電、電動車用電池のリユース・リサイクル事業の実証開始へ

エコカー EV
需給調整への活用
  • 需給調整への活用
  • 周波数変動への対応
  • 配電系統における電圧変動への対応
  • リユース・リサイクルの流れ
トヨタ自動車と中部電力は1月31日、電動車用電池のリユース・リサイクル事業の実証を開始すると発表した。

トヨタは、電動車の積極的な普及を進めるとともに、電池の有効活用など、電動車の普及を支える社会基盤の整備にも取り組んでいる。一方、中部電力は、再生可能エネルギーの大量導入に対して需給バランスの変動に的確に対応するとともに、電力系統のさらなる合理的運用に向けた取り組みを推進している。

両社は今回、電動車の駆動用電池をリユースした大容量蓄電池システムの構築、および使用済み電池のリサイクルについて実証を開始することで基本合意。トヨタの電動車から回収した電池を、中部電力が蓄電池システムとしてリユースし、電力系統における様々な課題に応じて活用していくことを目指す。

電動車の駆動用電池は、性能が低下しても、多数を組み合わせることで、再生可能エネルギー導入の拡大に伴う需給調整への活用や、周波数変動および配電系統の電圧変動への対応などが可能。またそれにより、火力発電所の合理的な運用も期待できるという。両社は2018年度には蓄電池システムの実証を開始し、その結果を踏まえ、2020年度には発電出力約1万kW・電池1万台相当分の導入を目指していく。

リユースする電池は、現在ハイブリッド車を中心に大量に使用されているニッケル水素電池に加え、2030年度頃の蓄電池システムでは電気自動車やプラグインハイブリッド車で使用されるリチウムイオン電池も活用する予定。使用済み電池については、レアメタルなどの材料を回収し、再資源化して活用することで、電池をリサイクルできる仕組みを確立することを検討していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集