【グッドイヤー エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV 試乗】ハンドリング向上は「ビード」に秘密あり…丸山誠

試乗記 輸入車

エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV
  • エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV
  • エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV
  • エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV
  • エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV
  • エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV
  • エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV
  • エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV
  • エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV
最近はSUVの人気が高まっている。これは国内市場の傾向だけではなく、世界的な傾向で特に北米市場ではプレミアムモデルが売れている。

それに伴って需要が拡大しているのがSUV用タイヤだ。グッドイヤーもSUV用タイヤ『エフィシエントグリップ パフォーマンスSUV』を2月1日から発売する。従来設定されたていた「エフィシエントグリップSUV HP01」は併売され、プレミアムSUV用に今回のパフォーマンスを用意するという位置づけだ。17から20インチをラインナップし、サイズ数は25サイズだ。

エフィシエントグリップ パフォーマンスSUVのネーミングどおり、オンロード性能を重視したプレミアムSUV用のハイパフォーマンスタイヤだ。試乗車もそれに合わせてレクサス『RX450h』とボルボ『XC60』が用意されていた。

まずはRX450hで騒音試験路を走ると、荒れた路面を通過しても室内に侵入するロードノイズが小さいことがわかる。ハイブリッドのためもともと静粛性が高いクルマのため、ロードノイズが大きいタイヤを選ぶと余計に目立ってしまう。その点、ざらついた耳障りなノイズが少なく、高周波音もよく抑えられていて静かなタイヤだ。

従来のHP01よりパターンノイズは9%も小さくなっているという。これはショルダーブロックの大きさとピッチを最適化したことでノイズを低減させている。静かさを求めるプレミアムSUVのユーザーを満足させる仕上がりだ。

スラロームとダブルレーンチェンジを試したが、重量級SUVでもしっかりとしたハンドリングだった。RX450hは比較的ゆったりとした挙動を見せるモデルだが、ステアリングを切り始めると素直にイン側にノーズが向く。旋回時にも接地感がわかりやすく、ダブルレーンチェンジでも腰砕け感がない。

ハンドリングが向上したのは「ビード」に秘密があるという。通常は四角形のビードを使っているが、パフォーマンスは六角形に変更したことでリムの接地を最適化でき、ハンドリングが14%向上した。中立付近の手ごたえもあるためクルマの動きに落ち着きが感じられた。

XC60に乗ると、こちらは比較的ハンドリングがスポーティでステアリングの操舵感も軽い。そのためダブルレーンチェンジで素早いステアリング操作をすると、一気に向きを変え、スポーティモデルのような鋭い動きを見せる。そんな激しいステアリング操作にもかかわらず、レーンチェンジ後の収束が容易でコントロール性が高く、腰砕け感もない。基本的に素直な動きを見せるタイヤだが、スポーティな走りも十分にこなせる。

プレミアムSUVにおススメできるタイヤであることはもちろん、このフィールならミドルクラスSUVに装着してもハンドリングや静粛性に満足できるはずだ。

丸山 誠|モータージャーナリスト/AJAJ会員
自動車専門誌やウェブで新車試乗記事、新車解説記事などを執筆。キャンピングカーやキャンピングトレーラーなどにも詳しい。プリウスでキャンピングトレーラーをトーイングしている。
《丸山 誠》

編集部おすすめのニュース

特集