メルセデスが中国高級車販売で初の首位、アウディを抑える 2017年

自動車 ビジネス 海外マーケット
メルセデスEクラスのロングホイールベース仕様
  • メルセデスEクラスのロングホイールベース仕様
  • アウディA4L
  • BMW5シリーズ・ロングホイールベース
世界最大の新車市場、中国における高級車の2017年の販売結果が出そろった。メルセデスベンツが、これまで中国高級車市場をリードしてきたアウディを抑えて、初の首位に立っている。

メルセデスベンツ(スマートを含む)の2017年中国実績は、61万0965台。前年比は29%増と大きく伸びた。ブランド別では、メルセデスベンツが58万7868台。前年比は25.9%増と、5年連続で2桁増を記録する。スマートは過去最高の2万3097台を販売。前年比は9.8%増だった。

アウディは2017年、中国で59万7866台を売り上げ、前年比は1.1%増と2年連続で増加。ただし、伸び率は鈍化した。これは、アウディの親会社のフォルクスワーゲングループが、中国合弁の上海汽車との間でも、アウディ車の販売契約を締結。これに、従来からの合弁パートナーの第一汽車が反発。2017年上半期(1~6月)の新車販売が落ち込んだ影響が出た。

BMWグループ(MINIを含む)は2017年、中国で59万4388台を販売。前年比は15.1%増と、2年連続で2桁増を達成した。BMW『5シリーズ』がモデル更新時期を控えていたにもかかわらず、販売が伸びた。

この結果、メルセデスベンツがアウディを抑えて、中国高級車販売で初の首位に立った。ただし、両者の販売台数の差は、およそ1万3000台。2018年も、激しいシェア争いを展開すると見られている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集