レクサス LC が日本車唯一、WCOTY デザイン賞のノミネート5車種

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント
レクサス LC500h
  • レクサス LC500h
  • シトロエンC3エアクロス
  • アルピーヌA110新型
  • レンジローバー・ヴェラール
  • ボルボXC60新型
ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は、「2018ワールドカーデザインオブザイヤー」のノミネート5車種を発表した。

ワールドカーデザインオブザイヤーは、ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)の賞のひとつ。今回は、2016年秋から2017年秋にかけてデビューした新型車の中から、最もデザイン性に優れた1台を選ぶ。

条件は、2018年春まで、世界の少なくとも1市場で販売されていること。世界20か国以上、およそ80名のジャーナリストに7名のデザインの権威が加わり、審査を行う。

2018ワールドカーデザインオブザイヤーのノミネート5車種は、以下の通り。

●シトロエンC3エアクロス
●レクサスLC500
●レンジローバー・ヴェラール
●ルノー・アルピーヌA110
●ボルボXC60

日本メーカー車では唯一、レクサス『LC』がノミネート。同車は、レクサスブランドの新たなフラッグシップクーペとなる。また、シトロエンは、この賞のノミネートの常連。今回は、『C3エアクロス』が選出された。

2018ワールドカーデザインオブザイヤーは2018年3月、米国で開催されるニューヨークモーターショー2018で発表予定。前回は、ジャガー『F-PACE』が、ワールドカーデザインオブザイヤーを受賞している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集