VW ジェッタ 新型、先進運転支援が充実…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
フォルクスワーゲン・ジェッタ 新型(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 新型(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 新型(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 新型(デトロイトモーターショー2018)
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 新型
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 新型
  • フォルクスワーゲン・ジェッタ 新型
フォルクスワーゲンは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、新型『ジェッタ』に最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。

新型ジェッタには、フロントアシスト付きの自動ブレーキを装備。その警告機能と自動ブレーキ機能は、高速道路や市街地などで、衝突を回避するのに役立つ。ブラインドスポットモニターは、追い越し時に死角に入る車両との衝突の危険を警告する。

また、アダプティブクルーズコントロール(ACC)も設定。ACCは、交通状況に応じて自動的に加減速を行うレーダーを使ったスマートなクルーズコントロール。走行レーンをキープするレーンアシストや、ハイビームとロービームの自動切り替えを行うライトアシストも用意される。

さらに、駐車の際にドライバーを支援する安全装備として、リアトラフィックアラートとリアビューカメラを採用。衝突された後、さらなる多重事故に備えるポストコリジョンブレーキシステムは、米国市場ではクラス唯一の装備になる、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集