自動運転向け次世代レーダー、アインシュタインが発表…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

アインシュタインのブース(デトロイトモーターショー2018)
  • アインシュタインのブース(デトロイトモーターショー2018)
  • アインシュタインの新型レーダー「T-79」
米国のアインシュタイン(Ainstein)社は、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、自動運転車向けの新型レーダーを発表した。

この新型レーダーは、「T-79」と呼ばれ、79GHzの車載短距離レーダー。次世代の短距離広帯域高解像度車載レーダーセンサーを目指して、開発が進められた。

T-79レーダーは、最新のレーダー信号処理アルゴリズムと高度に統合されたハードウェア設計を導入。車両周辺の360度検出が、高解像度で可能になる。これにより、完全または部分的な自動運転を実現するという。

また、車両の前方および側方の自転車や歩行者の検出を支援。ドライバーへの警告や、自動ブレーキの作動を行う。ブラインドスポットモニタリング機能、レーンチェンジアシスタンス機能、リアクロストラフィックアラート機能などにも対応している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集