ジープ チェロキー 改良新型、新世代コネクト搭載…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー
ジープ・チェロキー 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • ジープ・チェロキー 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • ジープ・チェロキー 改良新型(デトロイトモーターショー2018)
  • ジープ・チェロキー 改良新型
  • ジープ・チェロキー 改良新型
  • ジープ・チェロキー改良新型
  • ジープ・チェロキー 改良新型
  • ジープ・チェロキー 改良新型
  • ジープ・ェロキー 改良新型
FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のジープブランドは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、改良新型『チェロキー』に新世代のコネクトシステムを搭載すると発表した。

改良新型チェロキーには、FCAの車載コネクティビティ、「Uconnect」の最新バージョンを導入。Uconnectは2003年に発表。通信、ナビゲーション、エンターテインメント機能、各種コネクテッドサービスなどをドライバーに提供してきた。

改良新型チェロキーには、4世代目となるUconnectを採用。処理能力の向上、起動時間の高速化、高解像度グラフィックを表示するタッチスクリーンなど、機能を向上させている。

ダッシュボード中央には、最大で8.4インチサイズのディスプレイが装着可能。Apple社の「CarPlay」およびグーグルの「Android Auto」により、スマートフォンとの連携が強化された。

また、スマートフォンのアプリを利用して、ユーザーは遠隔操作により、車を始動させたり、ドアをロック/アンロックしたりすることが可能。事故などの緊急時に、通報と自車位置を自動で送信するSOSボタンも装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集