BMW 2シリーズ、PHVに改良新型…EVモードの航続延長

エコカー EV

BMW2シリーズ アクティブ ツアラーのPHV「225xe」改良新型
  • BMW2シリーズ アクティブ ツアラーのPHV「225xe」改良新型
  • BMW2シリーズ アクティブ ツアラーのPHV「225xe」改良新型
  • BMW2シリーズ アクティブ ツアラーのPHV「225xe」改良新型
  • BMW2シリーズ アクティブ ツアラーのPHV「225xe」改良新型
  • BMW2シリーズ アクティブ ツアラーのPHV「225xe」改良新型
  • BMW2シリーズ アクティブ ツアラーのPHV「225xe」改良新型
  • BMW2シリーズ アクティブ ツアラーのPHV「225xe」改良新型
BMWは、『2シリーズ アクティブ ツアラー』のプラグインハイブリッド車(PHV)、「225xe」の改良新型モデルを発表した。

PHVシステムは、BMWブランド初のFF駆動車となった2シリーズ アクティブツアラーの基本構造を踏襲したもの。フロントに積まれるのは、1.5リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン。最大出力136hp、最大トルク22.4kgmを発生する。エンジンのパワーは、前輪を駆動する。

モーターは、リアアクスルに配置。最大出力88hp、最大トルク16.8kgmを引き出す。モーターは後輪を駆動。エンジン駆動の前輪と合わせて、4WDとなる。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、224hpのパワーと39.3kgmのトルクを引き出す。0~100km/h加速は、6.7秒の実力。

二次電池は、蓄電容量7.6kWhのリチウムイオンバッテリー。改良新型モデルでは、モーター単独で走行可能なEVモードの航続を1割延長し、最大45kmとした。この効果もあり、欧州複合モード燃費43.4km/リットル、CO2排出量52kg/kmの優れた環境性能を備えている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集