メルセデス Eクラスカブリオレ 新型、流麗かつスポーティなフォルムに最新安全運転支援システムを装備

メルセデス・ベンツ日本は1月19日、新型『Eクラス・カブリオレ』を発表し、注文受付を開始した。納車は3月頃を予定。

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ
  • メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ
  • メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ
  • メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ
  • メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ
  • アコースティックソフトトップ
  • エアキャップ イメージ
  • エアスカーフ イメージ
  • メルセデスベンツ Eクラス カブリオレ
メルセデス・ベンツ日本は1月19日、新型『Eクラス・カブリオレ』を発表し、注文受付を開始した。納車は3月頃を予定。

エクステリアは、メルセデスベンツの最新デザインを採用。ソフトトップを閉じている時は流れるような、クーペのようなスタイリング、開けた時にはカブリオレならではの伸びやかなプロポーションを演出した。

また、先代モデルに比べてボディサイズが大型化したことで、室内空間と快適性を高めた。特に後席はレッグスペースを44mm、ショルダールームを14mm拡大。大人4人がくつろげる快適な室内空間を実現している。

新型Eクラス・カブリオレは、遮音性にすぐれたアコースティックソフトトップを採用。3層構造のアウターそれぞれに遮音性や耐候性に優れた素材を採用し、クローズ時の室内にクラストップレベルの静粛性をもたらす。開閉時間は約20秒、車速約50km/hまで操作可能。オープンドライブ時に、室内への風の巻き込みを抑え快適性を向上させる「エアキャップ」や、ヘッドレスト下部から温風を吹き出して首の周囲を確実に暖める「エアスカーフ」も装備する。

また、先進安全技術「インテリジェントドライブ」が進化。先行車との車間距離だけでなく周囲の交通状況を常に監視して、従来よりもステアリングアシストが作動する状況が大幅に拡大。車線が不明瞭または表示されていない場合には先行車を追従する。また、システム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内(一般道は3秒以内)であれば自動再発進が可能となり、渋滞時のドライバーの疲労を大幅に低減する。

価格は2.0リットル直4直噴ターボ(最高出力184ps)を搭載する「E200カブリオレ」が735万円、「E200カブリオレスポーツ」が804万円、3リットルV6直噴ツインターボ(同333ps)の「E400 4マチック カブリオレスポーツ」が1113万円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集