かつてのプロナード、トヨタ アバロン が5世代目に…デトロイトモーターショー2018詳細画像

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

トヨタ アバロン(デトロイトモーターショー2018)
  • トヨタ アバロン(デトロイトモーターショー2018)
  • トヨタ アバロン(デトロイトモーターショー2018)
  • トヨタ アバロン(デトロイトモーターショー2018)
  • トヨタ アバロン(デトロイトモーターショー2018)
  • トヨタ アバロン(デトロイトモーターショー2018)
  • トヨタ アバロン(デトロイトモーターショー2018)
  • トヨタ アバロン(デトロイトモーターショー2018)
  • トヨタ アバロン(デトロイトモーターショー2018)
トヨタ『アバロン』は、米国におけるトヨタブランドの最上級セダン。かつて日本でも『プロナード』の車名で販売された過去を持つ。デトロイトモーターショー2018で公開された新型アバロンは5世代目となる。

開発と生産は米国で行われ、トヨタの新世代車台の「TNGA」から、「K」と名付けられたセダン用プラットフォームを使用。米国トヨタ初の「アダプティブ・バリアブル・サスペンション」(AVS)を採用し、快適な乗り心地と操縦安定性の高度な両立を目指す。

新型のボディサイズは、全長4978mm、全幅1849mm、全高1435mm、ホイールベース2870mm。先代比で25mm長く、20mmワイド、ホイールベースは50mm伸びた。

パワートレインにはクラス唯一となるフルハイブリッドを設定。TNGAを導入した直噴2.5リットル直列4気筒ガソリン「ダイナミックフォース」に、2個のモーターとCVTを組み合わせる。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集