ZMP、自動運転AIソフト開発向け公道走行映像データセットサービスを開始…オートモーティブワールド2018で紹介予定

自動車 テクノロジー ITS

計測車両 RoboCar Mini Van
  • 計測車両 RoboCar Mini Van
  • データ計測エリア(イメージ)
ZMPは、自動運転AIソフト開発向けの公道走行映像データセットサービスを開始。1月17日より東京ビッグサイトで開催される「第1回自動運転EXPO(オートモーティブワールド2018)」にて、同サービスを紹介する。

自動運転を実現するためには、公道で遭遇する様々なシーンで状況を把握し判断するAIソフトウェアが重要となる。これらのアルゴリズムの開発・検証では、走行時の映像と映像内に登場する車両や歩行者などの距離を正しく把握する必要があり、映像と高精度に同期されたレーザセンサデータが求められている。

本データセットサービスでは、1ミリ秒で同期された映像・ステレオカメラ・3DLiDAR・IMUデータ(高精度に相対位置キャリブレーション済み)と、100ミリ秒で同期された約150mまでの高精細なLiDARデータを計測して提供。また要望に応じて、アノテーション、セマンティック・セグメンテーションなども行う。

同サービスの料金(税別)は、約10kmの走行データ(市街地や高速道路を含む)の場合で300万円より。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集