フォード マスタングブリット の2019年型、マックイーンの映画がモチーフ…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

フォード・マスタング・ブリットの2019年モデル(デトロイトモーターショー2018)。プレゼンターはスティーブの孫、モーリー・マックイーン。 (c) Getty Images
  • フォード・マスタング・ブリットの2019年モデル(デトロイトモーターショー2018)。プレゼンターはスティーブの孫、モーリー・マックイーン。 (c) Getty Images
  • フォード・マスタング・ブリットの2019年モデル(デトロイトモーターショー2018)
  • フォード・マスタング・ブリットの2019年モデル(デトロイトモーターショー2018)
  • フォード・マスタング・ブリットの2019年モデル
  • フォード・マスタング・ブリットの2019年モデル
  • フォード・マスタング・ブリットの2019年モデル
  • フォード・マスタング・ブリットの2019年モデル
  • フォード・マスタング・ブリットの2019年モデル
フォードモーターは1月14日(日本時間1月15日)、米国で開催したデトロイトモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、フォード『マスタング・ブリット』の2019年モデルを初公開した。

同車は、最も有名な「マスタング」といわれ、1968年公開のスティーブ・マックイーン主演の映画『ブリット』に起用された「マスタングGT390」をモチーフにしたモデル。映画『ブリット』では、マックイーンが操るマスタングGT390と、ダッジ『チャージャー』との間で、カーチェイスが展開された。

デトロイトモーターショー2018で初公開されたマスタング・ブリットの2019年モデルには、ボディカラーに映画と同イメージのグリーンメタリックを設定。フロントグリルには、マスタングを象徴する馬のエンブレムがない。これは、作品中のマスタングGT390と同じ演出。マニュアルトランスミッションのシフトノブも、映画と同じホワイトの球形デザインとした。

パワートレインは、5.0リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。専用チューンを受けており、最大出力475hp、最大トルク58.1kgmを獲得する。最高速は262km/h。これはベース車両の「マスタングGT」に対して、13km/hの上乗せとなる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集