メルセデスベンツ Gクラス 新型発表、究極のオフローダーへ…デトロイトモーターショー2018

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスベンツ Gクラス 新型(デトロイトモーターショー2018)
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型(デトロイトモーターショー2018)
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型
メルセデスベンツは1月14日(日本時間1月15日)、米国で開催したデトロイトモーターショー2018のプレビューイベントにおいて、新型『Gクラス』を初公開した。

現行Gクラスは1979年、『ゲレンデヴァーゲン』として登場。以来、細かな改良を実施しながら、基本設計を変えることなく、およそ40年に渡って生産され続けてきた。そのGクラスの2世代目モデルが、デトロイトモーターショー2018でデビューした。

ボディのデザインは、現行モデル同様、角が立ったスクエアなもの。ひと目でGクラスと識別できるデザインが継承された。その一方、インテリアのデザインは大幅にモダン化。2つの大型12.3インチディスプレイモニターが2個並ぶダッシュボードは、デジタルコクピット化が図られている。

新型Gクラスでは、伝統の悪路走破性をさらに追求。フロントアクスルのダブルウイッシュボーンは、サスペンションのサブフレームを介さず、ラダーフレームに直結。リアはリジットアクスルを新開発した。悪路走破性の高さを示すアプローチアングルは31度、デパーチャーアングルは30度、ランプブレークオーバーアングルは26度と、現行比でそれぞれ1度向上。最低地上高は241mmとした。

新型Gクラスには、オフロード走行専用モードの「Gモード」を採用。このモードでは、ダンパーやステアリング、アクセルがオフロード向けのセッティングとなり、Gクラスならではの優れた悪路走破性を、さらに引き上げることが可能になる。

新型Gクラスのガソリンエンジン搭載車が、「G500」グレード。4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを積む。最大出力は422hp、最大トルクは62.2kgm。トランスミッションは、9速ATの「9Gトロニック」を組み合わせている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集