ニューシャトルに初の「鉄道むすめ」…運転士で鉄道好きの「丸山はやみ」

鉄道 企業動向

運転士キャラクターの「丸山はやみ」。スポーツが得意で、最近のお気に入りは乗馬とマリンスポーツだという。
  • 運転士キャラクターの「丸山はやみ」。スポーツが得意で、最近のお気に入りは乗馬とマリンスポーツだという。
トミーテックの「鉄道むすめ」シリーズに1月11日、大宮駅(さいたま市大宮区)と内宿駅(埼玉県伊奈町)を結ぶ、埼玉新都市交通(ニューシャトル)のキャラクターが登場した。

その名は「丸山はやみ」。苗字はニューシャトルの丸山駅(埼玉県伊奈町)、名前は東宮原駅(さいたま市北区)のうち、「みやはら」の「ら」を除いた部分を逆さ読みにしたものが元になっている。

ニューシャトルとしては初の「鉄道むすめ」キャラクターで、職種は運転士。鉄道や鉄道模型が大好きで、休日は鉄道の博物館や鉄道模型の専門店へよく通い、スポーツ全般が得意という設定だ。

ニューシャトルではこの新キャラクター登場を記念して、2月10日から1000枚限定で、台紙付きの1日フリー乗車券(700円)を発売。ヘッドマークの掲出なども予定している。

「鉄道むすめ」シリーズは、鉄道事業者で働く制服を着た女性をイメージしたキャラクターコンテンツで、2005年に登場。新交通システムとしては、神奈川県の横浜シーサイドラインに次ぐ登場となる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集