ルノー メガーヌ R.S. 新型、価格は3万7600ユーロから

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー・メガーヌR.S.新型
  • ルノー・メガーヌR.S.新型
  • ルノー・メガーヌR.S.新型
  • ルノー・メガーヌR.S.新型
  • ルノー・メガーヌR.S.新型
  • ルノー・メガーヌR.S.新型
  • ルノー・メガーヌR.S.新型
  • ルノー・メガーヌR.S.新型
  • ルノー・メガーヌR.S.新型
ルノーは、新型『メガーヌR.S.』のベース価格を3万7600ユーロ(約502万円)に設定すると発表した。欧州では、2月から受注を開始する予定。

同車は、新型『メガーヌ』をベースに、ルノーの高性能車部門、ルノースポールが開発を手がけた新型メガーヌの最強グレード。エンジンは、先代よりも排気量を200cc縮小した直噴1.8リットル直列4気筒ガソリンターボ。それでも、最大出力は280hp/6000rpm、最大トルクは39.8kgmと、先代を7hp、3.1kgm上回る。

新型メガーヌR.S.には4輪ステアリングの「4CONTROL」を採用。これは、リアアクスルに取り付けられた電磁アクチュエータによって、ステアリングを補助できるようにする4輪操舵システム。車両の機敏性、コーナリング性能、ステアリング精度などを向上させる。

トランスミッションは、6速MTまたはパドルシフト付き6速デュアルクラッチの「EDC」。エアロダイナミクス性能は、先代比で大きく引き上げた。なお、ルノーは、4CONTROLは新型メガーヌR.S.がセグメント初の装備、としている。

また、新型には、2種類のシャシーを設定。ハイパフォーマンスと乗り心地を日常使用で両立させたスポーツシャーシと、究極のサーキットパフォーマンスを提供するように設計されたカップシャシーのどちらかが選択できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集