西谷-二俣川間は地下化…横浜市、相鉄の連続立体化事業で構造決定

横浜市道路局は1月9日、相模鉄道(相鉄)本線の鶴ヶ峰駅(旭区)付近で実施する連続立体交差事業(連立事業)を「地下方式」で進めると発表した。道路渋滞の緩和などを目指す。

鉄道 行政
鶴ヶ峰駅付近の平面図。約2.7kmの区間で地下方式による連立事業が行われる。
  • 鶴ヶ峰駅付近の平面図。約2.7kmの区間で地下方式による連立事業が行われる。
  • 横浜市は経済性などを総合的に評価して地下方式を採用することにしたとしている。写真は連立事業により地下化された小田急小田原線の線路。
横浜市道路局は1月9日、相模鉄道(相鉄)本線の鶴ヶ峰駅(旭区)付近で実施する連続立体交差事業(連立事業)を「地下方式」で進めると発表した。道路渋滞の緩和などを目指す。

事業概要によると、事業区間は相鉄本線の西谷~鶴ヶ峰~二俣川間のうち、鶴ヶ峰駅とその前後の約2.7km。線路の地下化により踏切10カ所を解消する。このうち5カ所はピーク時1時間あたり40分以上遮断している「開かずの踏切」で、踏切渋滞の解消や災害時の緊急活動の迅速化、まちづくりの進展などを目指す。

横浜市は2016年度から連立事業の実現に向け、測量や地質調査などを実施。高架方式と地下方式の比較検討を行っていた。同市は「踏切除却数や周辺まちづくりへの寄与、経済性などを総合的に評価した結果、地下方式を選定することにしました」としている。

横浜市は今後、事業化に向けた都市計画決定や環境影響評価などの手続きを進めていく方針だ。着工準備期間は「5年を目途」としており、早ければ2023年度にも着工するとみられる。

相鉄本線ではこのほか、天王町・星川両駅とその前後の線路を含む約1.9kmで高架方式による連立事業が実施されている。2017年3月に下り線が高架化され、上り線も今秋には高架化される予定だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集