サムスン、自動運転向けプラットフォームをCES 2018で発表…レベル3-5に対応

自動車 テクノロジー ネット
サムスンの自動運転向け新プラットフォーム「DRVLINE」の動作イメージ
  • サムスンの自動運転向け新プラットフォーム「DRVLINE」の動作イメージ
  • サムスンの自動運転向け新プラットフォーム「DRVLINE」
  • サムスンの自動運転向け新プラットフォーム「DRVLINE」
  • サムスン(CES 2018)
  • サムスン(CES 2018)
  • サムスン(CES 2018)
  • サムスン(CES 2018)
  • サムスン(CES 2018)
韓国のサムスン電子は1月9日、米国ラスベガスで開幕したCES2018において、自動運転向けの新開発プラットフォーム、『DRVLINE』を発表した。

DRVLINEはオープンで、モジュラーかつスケーラブルなハードウェアとソフトウェアベースのプラットフォーム。自動車メーカーが自動運転技術を車両に組み込む際のソリューションになることを目指す。

DRVLINEプラットフォームには、レベル3~5の自動運転のための車載コンピューターやエレクトロニクスを採用。また、新型車評価プログラム(NCAP)の基準を満たすために、サムスンとハーマンが共同開発したADAS(先進運転支援システム)向けカメラシステムが含まれる。これにより、車線逸脱警報、前方衝突警報、歩行者検出、自動ブレーキに対応する。

また、DRVLINEプラットフォームでは、ソフトウェアをカスタマイズしたり拡張したり、個々のコンポーネントや技術を必要に応じて入れ替えることができるように、柔軟な設計を取り入れている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース