メルセデスベンツ Gクラス 新型、プロトタイプを公開…四角い車体と悪路走破性は健在

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ Gクラス 新型の開発プロトタイプ
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型の開発プロトタイプ
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型の開発プロトタイプ
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型の開発プロトタイプ
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型の開発プロトタイプ
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型の開発プロトタイプ
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型の開発プロトタイプ
  • メルセデスベンツ Gクラス 新型の開発プロトタイプ
メルセデスベンツは1月4日、米国で1月15日に開幕するデトロイトモーターショー2018でのワールドプレミアに先駆けて、新型『Gクラス』の開発プロトタイプの写真を公開した。

現行Gクラスは1979年、『ゲレンデヴァーゲン』としてデビュー。以来、細かな改良を実施しながら、基本設計を変えることなく、およそ40年に渡って生産され続けてきた。そのGクラスが、初のフルモデルチェンジを受ける。

今回、公開された写真は、オーストリアのオフロードコースで走行テストを行うプロトタイプの様子を紹介したもの。現行Gクラス同様、高い悪路走破性を備えているのが確認できる。

また、ボディのデザインは、現行モデル同様、角が立ったスクエアなもの。Gクラスらしいデザインが継承されることが見て取れる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集