ZMP、第1回 自動運転EXPOに RoboCar MiniVan など出展へ

自動車 テクノロジー ITS
自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar MiniVan」
  • 自動運転技術開発プラットフォーム「RoboCar MiniVan」
  • 公道実証実験の風景
  • 公道走行データ取得サービス計測車両
  • 自動運転用ステレオカメラ「RoboVision3」
ZMPは、2018年1月17日から19日の3日間、東京ビッグサイトで開催される「第1回自動運転EXPO」に出展、自動運転車両「RoboCar MiniVan」をはじめ、最新の製品・サービスを紹介する。

自動運転EXPOは、世界最大の自動車技術展「オートモーティブ ワールド」の新テーマとして今年より開催されるもの。自動運転車をはじめ、センシング/ADAS技術、ダイナミックマップ関連技術、半導体・AIなど自動運転を実現する様々な製品が展示される予定だ。

ZMPは2020年の完全無人タクシーサービス実現に向けて技術開発を行っており、その関連技術を活用した製品を自動車メーカ/部品メーカ等へ販売している。これまで実験・開発用車両「RoboCarシリーズ」や、ソニー製高感度CMOSセンサを搭載したステレオビジョン「RoboVisionシリーズ」、カメラやレーザセンサなどから周辺環境を把握し、自車位置を推定、ステアリングやアクセル・ブレーキの制御を行う自動運転用コンピュータ「IZAC」などを展開している。

今回の出展では、各地の公道実証実験で活用されている自動運転車両「RoboCar MiniVan」および実証実験支援サービス、ADAS開発を支援する公道でのデータ取得サービス「RoboTest」、自動運転用ステレオカメラ「RoboVision 3」などを出展・紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集