これが次期型メルセデス Aクラス だ!エクステリアを完全予想

メルセデスベンツのエントリーハッチバック『Aクラス』次期型の姿を、レンダリングCGに書き起こした。次期型は、現行モデルよりもスポーティかつラグジュアリーなエクステリアとなることが予想される。

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ Aクラス 次期型レンダリングCG
  • メルセデスベンツ Aクラス 次期型レンダリングCG
  • メルセデスベンツ Aクラス 次期型レンダリングCG
  • メルセデスベンツ Aクラス 次期型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス 次期型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス 次期型 スクープ写真
  • メルセデスベンツ Aクラス 次期型
  • メルセデスベンツ Aクラス 次期型
  • メルセデスベンツ Aクラス 次期型
メルセデスベンツのエントリーハッチバック『Aクラス』次期型の姿を、レンダリングCGに書き起こした。次期型は、現行モデルよりもスポーティかつラグジュアリーなエクステリアとなることが予想される。

メルセデスベンツは公式に、次期型のインテリアとコネクティビティを公開しているが、エクステリアの全貌はまだ見えていない。今回は、スクープした開発車両の姿をもとにそのデザインを予想する。

新デザインのLEDヘッドライトは、2017年の上海モーターショーで発表された『コンセプトAセダン』からインスピレーションを得たシャープなデザインに。テールライトは、ナンバープレートに向かって絞られるティアドロップ型のスポーティなスタイルとなる。

次期型はルノー・日産アライアンスと共同開発された「MFA2」プラットフォームにより、全長、全幅、ホイールベースが拡大。室内空間にも貢献する。また荷室は29リットル拡大され370mmへ。デザインはかなりスポーティ寄りだが、実用性は飛躍的に向上しそうだ。

パワートレインは、6速MTと9速DCTに組み合わされる、1.6リットル直列4気筒エンジン、及び新開発の2リットル直列4気筒ターボディーゼルなどをラインナップ。プラグインハイブリッドやEVモデルの投入も間違いないだろう。

ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーが有力だ。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集