自動車業界の構造変化に対応する重点3分野…アイシングループがデトロイトモーターショー2018で紹介へ

自動車 ニューモデル モーターショー

アイシングループブースのイメージ
  • アイシングループブースのイメージ
アイシン精機は、アイシングループ6社で1月20日から28日まで米国デトロイトで開催される「2018年北米国際自動車ショー」に共同出展する。

アイシングループでは、自動車業界の構造変化に対応するため、「ゼロエミッション」「自動運転」「コネクティッド」の3つの分野に重点的に取り組んでおり、今回のショーではこれらに関する最新技術や製品を紹介する。

「ゼロエミッション」分野では、電動化対応として既存の技術を活かしたFF1モーターハイブリッドトランスミッションや「イーアクスル」などのパワートレインのラインナップ拡充について紹介する。

「自動運転」分野ではドライバー異常時対応システムをはじめとする車両運動統合制御や自動バレー駐車への取組みを、「コネクティッド」分野では、クルマがユーザーの気持ちを先読みして快適なドライブを提供するおもてなしサービスや位置情報活用サービスなどをわかりやすく紹介する。

また、高容量FR10速オートマチックトランスミッションをはじめとするトランスミッションラインアップや、燃費に貢献する「フル可変オイルポンプ」、「電動ウォーターポンプ」、「グリルシャッター」などで構成する効率的なエネルギー利用を実現する熱マネージメントシステムも展示する。

また、アイシングループが取り扱う幅広い分野の最新製品を搭載したデモカーも展示する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集