モーガン、3輪EVを2018年から生産へ…英社と技術提携

英国のモーガン・モーター・カンパニー(以下、モーガン社)は12月19日、モーガン『EV3』の2018年の生産開始に向けて、英国のフレイザー・ナッシュ・エナジー・システムズ社と技術提携を締結した、と発表した。

エコカー EV
モーガンEV3
  • モーガンEV3
  • モーガンEV3
  • モーガンEV3
英国のモーガン・モーター・カンパニー(以下、モーガン社)は12月19日、モーガン『EV3』の2018年の生産開始に向けて、英国のフレイザー・ナッシュ・エナジー・システムズ社と技術提携を締結した、と発表した。

モーガン社は1908年、ハリーHFSモーガン氏によって英国ウスター州に設立。1910年のオリンピアモーターショーで前輪が2、後輪が1の『3ホイーラー』を発表し、自動車メーカーとして名乗りを上げた。

EV3は、この3ホイーラーのEV版。モーターは最大出力57hpを発生し、後輪を駆動。アルミスペースフレーム構造により、車両重量は500kgに抑えられ、0~100km/h加速9秒、最高速145km/hの性能を発揮する。バッテリーは、蓄電容量21kWhのリチウムイオン。1回の充電での航続は、最大193km。

モーガンは今回、EV3の2018年の生産開始に向けて、フレイザー・ナッシュ・エナジー・システムズ社と技術提携を締結。フレイザー・ナッシュ・エナジー・システムズ社は、モーガンに電動パワートレインのマネジメントシステムなどを供給。EV3の信頼性を高めていく、としている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集