最大で12倍の高速化、電動車両の新充電システム…コンチネンタルがCES 2018で公開予定

エコカー EV

コンチネンタルの電動車両の新充電システムのイメージ
  • コンチネンタルの電動車両の新充電システムのイメージ
コンチネンタルは12月13日、米国ラスベガスで2018年1月に開催されるCES2018において、EVなどの電動車両向けの新たな充電システムを初公開すると発表した。

この新充電システムは、車両の電気駆動システムを、わずかな労力で充電デバイスへと変えるもの。いかなる技術仕様であっても、ケーブル式充電ステーションまで走行すれば、常に最大限の充電を行うことが可能になる。

コンチネンタルによると、とくに都市部のAC充電システムにおいては、充電時間は最大で12倍の高速化が期待できるという。さらに、双方向性の充電システムのため、逆方向の電力供給機能が生まれ、車両搭載バッテリーの新たな利用方法も見込まれる。

また、このシステムでは、ノートパソコンや冷蔵庫など、移動中の車内の電気・電子機器への電力供給が可能。コンチネンタルはEVなどの電動車両を、より簡単に、より便利に、より効率的に充電する技術を、CES2018で展示していく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集