賞品は「貸切市電」…『西郷どん』謎解きイベント 1月6日

船舶 エンタメ・イベント

鹿児島市電の11停留場近くの史跡などを巡り、『西郷どん』の謎を解く「謎電2018」。
  • 鹿児島市電の11停留場近くの史跡などを巡り、『西郷どん』の謎を解く「謎電2018」。
鹿児島県鹿児島市のイベントプランナー『クラスマッチ』が運営する「謎電実行委員会」は、2018年1月6日に「謎電2018」を開催する。

2018年のNHK大河ドラマ『西郷どん』にちなみ、西郷どんから発せられた「おいの手帳からわっぜ大事な文字が消えもしたっ!! ねごひんなった文字をみしけっくいやんせ!!」(私の手帳からとても大事な文字が消えた!! なくなった文字を見つけてください!!)というSOSを基に、鹿児島市電と徒歩で史跡を巡りながら、さまざまな謎や暗号を解き、西郷どんにまつわるキーワードを探し出すというもの。

当日は、2人以上5人以下でチームを組み、JR鹿児島駅隣にあるイベント施設『かんまちあ』に集合。ここで謎電マップとキットを受け取り、最初に謎解きに挑戦。その後、市電に乗り、鹿児島駅前停留場~鹿児島中央駅前停留場間の11停留場周辺に設置された謎を解いた後、かんまちあに戻る。謎は、スタートから2時間以内に解かなければならない。

開催時間は午前の部が8時30分から11時まで(9時スタート)、午後の部が13時から15時30分まで(13時30分スタート)。参加費用は一般2000円・大学生1500円・高校生~小学生500円。参加費用のほかに、当日有効の鹿児島市交通局一日乗車券(大人600円・子供300円)が必要。

参加申込みは、先着100チームまで「謎電2018」のウェブサイトで受け付けている。締切は12月26日。

謎に正解したチームのうち、午前・午後ごとに抽選で1チームに「貸切市電」がプレゼントされる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集