貸切バス、3割の事業者でシートベルト装着確認が不十分…覆面添乗調査結果

自動車 テクノロジー 安全

国土交通省は、8~10月に実施した貸切バス事業者に対する覆面添乗調査の結果をまとめた。

国土交通省では、貸切バス事業者に対して法令遵守の状況を確認するため、国の監査官が営業所での監査や街頭監査を実施している。2017年度から、輸送の安全確保状況の確認を効果的に行うため、民間の調査員が一般利用者として実際に運行する貸切バスに乗車し、現場でしかわからない事業者による安全確保に向けた取り組み状況や法令遵守の状況の確認した。

高速乗合バスを含む貸切バス事業者に国土交通省から業務委託を受けた民間機関の調査員が無通告で乗車して休憩時間の確保や、シートベルトの装着、交替運転者の配置、車内・車外表示などを調査した。

この結果、休憩時間の確保、交替運転者の配置などについては、全ての事業者が適切に実施していた。シートベルトの装着案内や利用者のシートベルトの装着状況の確認については3割の事業者で、安全確保の取組みが不十分だった。

また、調査の結果、法令違反のおそれのある1事業者に対しては監査を実施し、監査の結果、この事業者の法令違反が確認されたため、現在、行政処分に向け手続中。

今後もスキーバスや観光バスを中心に継続的に実施していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集