手の届きやすい価格で、クルマ本来の楽しさを具現化した スイフト…竹岡圭【カーオブザイヤー2017-18】

自動車 ビジネス 国内マーケット

スズキ『スイフトスポーツ』(COTY2017試乗会)
  • スズキ『スイフトスポーツ』(COTY2017試乗会)
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」スズキ『スイフト』シリーズ
  • 第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」スズキ『スイフト』シリーズ
今年の一台を決める第38回「日本カー・オブ・ザ・イヤー 2017-2018」が発表された。モータージャーナリストをはじめとする60名の選考委員による選考コメントが、公式サイトで公開されている。各委員の得点とともに引用し、紹介する。

モータージャーナリストでタレントの竹岡 圭氏はスズキ『スイフト』に10点を投じた。以下は日本カー・オブ・ザ・イヤーHPに掲載されたコメントである。

☆☆☆

誰もが手が届きやすい価格で、操って楽しいというクルマ本来の楽しさを具現化したところに最大の魅力を感じました。

ベースモデルからハイブリッド、そしてスポーツまで、ニーズに合わせた幅広いラインアップも見事。

特にスイフトスポーツはMT車もAT車もワクワク感たっぷりで、最近増えているAT限定免許の若者にも、運転する楽しみを知ってもらえるレベルのスポーツコンパクトカーに仕上がっています。

エントリーモデルとしても選びやすい価格帯と合わせて、昨今の自動車業界に重要なクルマ好きを広めるという役割も担っていると感じました。

☆☆☆

全投票点数
スズキ『スイフト』シリーズ:10点
アルファロメオ『ジュリア』:4点
BMW『5シリーズ セダン/ツーリング』:4点
ボルボ『XC60』:4点
トヨタ『カムリ』:3点

竹岡圭|モータージャーナリスト/タレント/AJAJ副会長
自動車専門誌を中心に、女性誌、一般誌、新聞、インターネット(ウェブ媒体)、TV、ラジオ等々、さまざまな媒体において、執筆者/レポーター・コメンテーターとして活動している女性モータージャーナリスト。クルマのインプレッションやコラムなどの執筆はもちろん、チャイルドシートやカーグッズ、クルマ旅行など、カーライフ全般を女性の視点からレポートしている。また、各種セーフティドライビングスクールのインストラクターや、イベントでの講演なども積極的に行っており、さまざまな角度から快適なカーライフをサポートするべく、実際にユーザーにアドバイスすることも大切にしている。さらにはクルマ遊びとしてモータースポーツ業界にも参加。自身も自動車競技国際C級ライセンスを所持し、チーム監督、チームマネージャー、そしてドライバーとして楽しんでいる。
《出典:日本カー・オブ・ザ・イヤーHP》

編集部おすすめのニュース

特集