三井化学、リチウムイオン電池向け電解液の生産能力を増強…中国のEV需要に対応

エコカー EV
三井化学(WEBサイト)
  • 三井化学(WEBサイト)
三井化学は、台湾プラスチックス社(FPC)との折半出資会社である台塑三井精密化学(FMAC)におけるリチウムイオン電池向け電解液の設備能力増強が完了し、2017年11月より営業運転を開始したと発表した。

リチウムイオン電池は、ノートPCやスマートフォン、タブレット端末の普及に伴い市場が拡大しているが、今後は環境への負荷が小さいプラグインハイブリッド車や電気自動車(EV)の普及が見込まれており、中国を中心にさらなる市場拡大が期待されている。

三井化学はFPCとともに、高品質な電解液の生産設備を建設し、2016年7月から営業運転を開始。今回の増強は、需要拡大が見込まれる中国市場のニーズに対応するためのもの。生産能力は従来の年間1500トンから3倍強となる5000トンとなった。

また、リチウムイオン電池向け電解液は、日本国内でも車載用を中心に市場拡大が見込まれ、三井化学は2017年4月から名古屋工場に年間5000トンの生産設備の営業運転を開始している。同社では、中国および日本における電解液の供給体制の拡充を通じて、モビリティ事業の強化・拡大を進めていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集