アルファロメオ・ザウバーF1、2018年マシンのカラーリングコンセプト発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アルファロメオ・ザウバーF1のカラーリングコンセプト
  • アルファロメオ・ザウバーF1のカラーリングコンセプト
  • アルファロメオ・ザウバーF1のカラーリングコンセプト
  • アルファロメオ・ザウバーF1のカラーリングコンセプト
  • アルファロメオ・ザウバーF1のカラーリングコンセプト
ザウバーF1チームは12月2日、2018年シーズンのF1に参戦する「アルファロメオ・ザウバーF1チーム」のF1マシンのカラーリングコンセプトを発表した。

アルファロメオは1950~1988年にかけて、コンストラクターとエンジンのサプライヤーとしてF1に参戦。2018年シーズンからのF1への参戦は、およそ30年ぶりのF1復帰となる。

カラーリングコンセプトの発表会は、イタリアのアルファロメオ・ミュージアムで開催。アルファロメオが属するFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のセルジオ・マルキオンネCEOや、FIA(国際自動車連盟)のジャン・トッド会長らが出席した。

公開されたカラーリングコンセプトは、ホワイトを基調に、アルファロメオを象徴するレッドを組み合わせたもの。巨大なアルファロメオのエンブレムも配された。

なお、アルファロメオ・ザウバーF1チームのドライバーに関しては、引き続きマーカス・エリクソン選手、そしてF2からステップアップのシャルル・ルクレール選手を起用することが、発表されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集