あのスズキ車とは遠縁関係...オペル小型SUV「モッカX」が初の大刷新

  • 独オペルのサブコンパクト・クロスオーバーSUV『モッカX』の次期型プトロタイプを初めてカメラが捉えた。「モッカ」は2016年にフェイスリフトが行われた際、モッカXへと改名。オペル最新のフロントマスクとなっていたが、これが初のフルモデルチェンジとなる。
自動車 ニューモデル 新型車
オペル モッカX のスクープに成功。実はあのスズキ車とは遠縁関係にあたる
  • オペル モッカX のスクープに成功。実はあのスズキ車とは遠縁関係にあたる
  • オペル モッカX スクープ写真
  • オペル モッカX スクープ写真
  • オペル モッカX スクープ写真
  • オペル モッカX スクープ写真
  • オペル モッカX スクープ写真
  • オペル モッカX スクープ写真
  • オペル モッカX スクープ写真
独オペルのサブコンパクト・クロスオーバーSUV『モッカX』の次期型プトロタイプを初めてカメラが捉えた。「モッカ」は2016年にフェイスリフトが行われた際、モッカXへと改名。オペル最新のフロントマスクとなっていたが、これが初のフルモデルチェンジとなる。

日本ではあまり馴染みにないオペル モッカだが、実は日本車と深い関係がある。

GM傘下で誕生したオペル モッカは、シボレー『トラックス』とビュイック『アンコール』の兄弟車だった。これらの祖先にあたるクルマに「トラッカー」がある。このトラッカーはスズキとGMとの合併企業「CAMIオートモーティブ」によって製造され、SUV『エスクード』とは兄弟関係だった。つまり「モッカ」は「エスクード」と遠縁関係と言えるだろう。

今回捉えたプロトタイプは、フルカモフラージュされていたためディテールは不明だが、次期型ではホイールベースが延長され4.5mになるほか、よりクロスオーバーを意識したデザインになるという。パワートレインは、現行モデルの1.4リットル直列4気筒エンジンをブラッシュアップし、最高出力は154psから165psへ向上する可能性があるという。

ワールドプレミアは2019年と予想されている。

◆新エンタメスクープ情報メディア『Spyder7』をチェック!!
《子俣有司@Spyder7》

編集部おすすめのニュース

特集