大ヒットワンボックスの原点…初代トヨタ ハイエース[写真蔵]

自動車 ビジネス 国内マーケット

初代ハイエース(ハイエース50周年記念イベント)
  • 初代ハイエース(ハイエース50周年記念イベント)
  • 初代ハイエース(ハイエース50周年記念イベント)
  • 初代ハイエース(ハイエース50周年記念イベント)
  • 初代ハイエース(ハイエース50周年記念イベント)
  • 初代ハイエース(ハイエース50周年記念イベント)
  • 初代ハイエース(ハイエース50周年記念イベント)
  • 初代ハイエース(ハイエース50周年記念イベント)
  • 初代ハイエース(ハイエース50周年記念イベント)
トヨタ自動車は『ハイエース』、『レジアスエース』を一部改良し12月1日に発売する。

11月22日に開催された発表会場では、初代ハイエースのレストアモデルから最新型の5代目ハイエースが一堂に会し、展示された。ここでは、初代ハイエースを紹介する。

初代ハイエースは、トヨエースの小型版として1967年に販売が開始され、全世界で約40万台が販売された。コンセプトは「人を乗せる機能と荷物を運ぶ機能との調和を図った新分野のデリバリーバン」。主なポイントとして、乗用車ムードのデザインを取り入れたことや、ダブルウォッシュボーン式独立懸架を採用したこと、日本初のキャブオーバーバンとなり、ビルトインフレーム式モノコック構造でフラットな荷室フロアを実現したことがあげられる。

トヨタ自動車は、ハイエース50年の歴史を歴代車両とともに紹介する特別展示をメガウェブ(東京都江東区・11月23日~12月3日)とトヨタ博物館(愛知県長久手市・12月5~14日)にて開催する。
《平川 亮》

編集部おすすめのニュース

特集