カーナビタイムなど、3Dマップマッチング機能を搭載…自車位置測位性能向上

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
サービスイメージ
  • サービスイメージ
ナビタイムジャパンは11月15日、Android向けカーナビアプリ『カーナビタイム』『NAVITIMEドライブサポーター』と、iOS向けトラック専用カーナビアプリ『トラックカーナビ』をバージョンアップ。3Dマップマッチング機能を搭載し、より正確な自車位置測位が可能となった。

これら3アプリでは従来、高架上の高速道路とその下の一般道など、地図上で重なり合った道路を走行する際に、ルート変更を行っても、現在走っている道路とは別の道路に自車位置が表示されることがあった。

今回のバージョンアップでは、各種センサーを用いた自律航法技術によって道路標高を推定し、全国の道路標高データを含む地図情報とマッチングさせる3Dマップマッチング機能を搭載。複数道路が並行する場所でも、現在走行中の道路を正確に判定し、最適な自車位置表示およびナビゲーションを行うことが可能となった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • アルパイン ビッグX、市販ナビ顧客満足度調査で6年連続トップ…2位はサイバーナビ 画像 アルパイン ビッグX、市販ナビ顧客満足度調査で6年連続トップ…2位はサイバーナビ
  • DIATONEサウンドナビ、ハイブリッド型音声認識機能搭載で快適性向上 画像 DIATONEサウンドナビ、ハイブリッド型音声認識機能搭載で快適性向上
  • カーナビ、据置とアプリ併用ユーザーが拡大…8割はナビアプリがメイン 画像 カーナビ、据置とアプリ併用ユーザーが拡大…8割はナビアプリがメイン
  • ナビタイムなど、IPトランシーバーによる動態管理サービスを提供開始 画像 ナビタイムなど、IPトランシーバーによる動態管理サービスを提供開始

特集