【EICMA 2017】「美しいバイク」コンテスト、ドゥカティ パニガーレV4 が1位

自動車 ニューモデル モーターショー

『パニガーレV4』で賑わうEICMAドゥカティブース。
  • 『パニガーレV4』で賑わうEICMAドゥカティブース。
  • 「最も美しいと感じたバイク」の栄冠に輝いた『パニガーレV4』。
  • ドゥカティ最高経営責任者(CEO)のクラウディオ・ドメニカーリと『パニガーレV4』。
  • 『パニガーレV4』で賑わうEICMAドゥカティブース。
  • 『パニガーレV4』で賑わうEICMAドゥカティブース。
  • 【EICMA 2017】「美しいバイク」コンテスト、ドゥカティ パニガーレV4 が1位
今年のEICMA(ミラノ国際モーターサイクルショー)には、前年を上回る60万人以上の来場者があったが、注目のイベントの1つが「最も美しいと感じたバイクに投票する」コンテストだ。

これはイタリアのバイク誌『Motociclismo』の主催によるもので、今回が13回目となる人気企画。多くのニューモデルが発表され混戦が予想された中、見事1位に輝いたのがドゥカティ『パニガーレV4』だった。ウェブサイトによる投票で、1万6000人以上のバイクファンが選んだ。

『パニガーレV4』は、MotoGPマシンとの共同開発によって生まれた「デスモセディチ・ストラダーレ」90度V型4気筒エンジン(排気量1103cc)を、新開発のアルミ合金製フレームに搭載。

ドゥカティが市販するV4エンジン搭載車は2007年の限定車『デスモセディチRR』以来で、最高出力214psというとてつもないパワーは公道向け市販バイクでナンバー1のスペック。バイクファンらの間で話題のニューモデルとなっている。

混戦の予想だったが投票数は2位と大差をつけ、全得票数の61.17%を占めるという人気ぶり。ショーを締めくくる最終日の11月12日に授賞式が行なわれ、ドゥカティ・デザイン・センター・シニア・デザイナー兼パニガーレV4プロジェクト・デザイナーのジュリアン・クレメントさんがアワードを受け取った。

来年4月には『パニガーレV4』と、上級版の『パニガーレV4S』が日本でも発売される。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集